「保険見直し」がブームのようになっていますが、注意したいのは「保険料を安くする

ネット生保で保険見直し

「保険見直し」がブームのようになっていますが、注意したいのは「保険料を安くすることが、生命保険の保険見直しの目的ではない」ということです。保険見直しとは「ご自身に必要な保障を割り出し、その保障を得られるように、保険商品を選ぶ」「必要以上の保障は、できるだけカットしていく」ということです。日本では「よくわからないまま生命保険に加入していて、どんな保障が得られるのかもよく知らない」という人が多かったので、保険見直しを行うと月々の保険料負担が抑えられるということが、多かったのです。

生命保険に求めるべき「必要な保障」というのは、ライフステージやご家族の状況によって異なりますので、保険見直しは一生涯で何度か必要になります。ネット生保は保険料が安いので「必要な保障を得られる商品同士を比べた場合、ネット生保の商品がお得に見える」「インターネットで全ての契約が済むことで、気楽に感じられる」というメリットはあります。

ただ「そろそろ見直しをしたほうがいいですよ」と、言ってくれる人がいないのがネット生保です。おおむね「子どもが生まれたとき、家を買ったとき、子どもが経済的に自立したとき、契約者が仕事をやめたとき」には、生命保険の保険見直しをすべきと言われています。このことを理解しているならば、ネット生保を利用するメリットはありますし、仕事や家事、育児などに忙しい人でも、インターネットで全ての手続きが済むということは、ネット生保の大きなメリットにもなります。

生命保険をはじめとする保険商品には「使い方のテクニック」というものがあります。たとえば「子どもの学費」を確保するのに、低解約返戻金型の生命保険を活用するといった方法もあります。しかし、ネット生保を利用すると、こういったテクニックは教えてもらえません。インターネット上にも情報があふれている時代ですが、これらのことを「全て自分で調べる」というのは、かなりの覚悟が必要です。それができるのであれば、ネット生保を利用した保険見直しは、保険料の安さという大きなメリットが出てくるでしょう。

HOME |  次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/