ネット生保というのは、手続きなどがすべてインターネットで行えるものになっています

ネット生保のコスト構造

ネット生保というのは、手続きなどがすべてインターネットで行えるものになっています。そのことで、大きなメリットもありますし、注意すべきデメリットも考えられます。とくに、これから新規加入しようとしている人や、これまでのプランを見直そうと考えている人は、自分に合ったものがあるかどうかをよく考えていくようにしましょう。それによって得をする人もいますし、なかには希望通りにいかないケースも考えられるからです。

まずは、メリットとして保険料が安い点があげられるでしょう。これは、ほかの商品に比べても割安になっていると言われています。それは、実際の店舗での窓口営業を行っている会社に比べて、コストが圧倒的にかからないからです。資料などの紙も使いませんし、窓口での担当者といった人件費もかかりません。営業コストもかからないので、少人数のスタッフで対応していることで、保険料を抑えることができているというわけです。

もともと、ネット生保に限らずに、保険料というのは純保険部分と付加保険部分に分かれています。純保険部分というのは、原価の部分になります。そして、付加保険部分というのが、会社の経費や利益になる部分となっています。ですから、この付加のところを削減することができれば、加入者が毎月支払うことになっている額を抑えることができるというわけです。やはりこの部分に、人件費や事務コストがかさんでしまっていることが多くあるのです。

また、インターネットで加入できる商品の利点としては、内容がシンプルになっているといった点もあげられるでしょう。商品の種類も必要最低限のものがあるだけで、掛け捨てタイプが多いのも特徴の1つになっています。主契約の死亡、医療、就業不能、がんの4種類のほかは、細かい特約などもないので、簡単にプラン設計が可能になっているのです。

さらに、申し込みも即日に可能だということもメリットとしてあげられるでしょう。

ただし、自分で商品を選択していくには、一定の知識が必要なことも考えなければいけません。わからないことはコールセンターなどに聞くこともできるので、曖昧なまま加入しないようにしましょう。そして、ネット生保というのは、商品数が少ないので、その分選びやすいとも言えますし、選択肢が少なくて自分の希望通りの内容にならないデメリットも考えられます。インターネットのものに固執することなく、幅広く候補を考えておいたほうがいいでしょう。

HOME |  次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/