ガン保険ほど、加入者一人一人にあった選択が求められる保険もないでしょう

ネット生保とガン保険

ガン保険ほど、加入者一人一人にあった選択が求められる保険もないでしょう。がんの治療に特化した保険ですから、どこまで保障されるのか、保険料はどれだけかかるのかといった基本的な選択ポイントだけでなく、将来ガンにかかるリスクがどれだけあるのか、過去に病歴がある場合には加入できるのかといった点にも注意する必要があるのです。

最近ではネット生保でガンの保障をする商品も登場しています。手続きが簡単ですぐに加入することができる点や、保険料の安さが大きな魅力のダイレクト型の保険商品の一種となるわけですが、ガンの保障で選ぶ際にはいくつかの注意点があります。

まず特約がどれだけ用意されているかどうか。

ダイレクト型のネット生保はシンプルな保障内容に特徴があります。ガンの場合は先進医療にかかる治療費を保証してもらえるのか、再発した際にどの程度の保障を受けられるのかといった、多彩なケースに対応した特約が用意されています。自分の目的や、不安材料を解消してくれる保障、特約が用意されているのかをよく確認しておく必要があります。

それから加入する条件。代理店型の生命保険なら担当員と直接対面して話を詰めていくことかできます。ガン保険の場合、年齢や既病歴によって加入ができるかどうかが判断されるだけでなく、保険料の金額も変わってきます。ダイレクト型の保険商品の場合、保険料が安いと思って申し込んでみたら加入を断られてしまったり、もっと高い保険料に設定されてしまう場合もあります。

この点は見積もりなどを利用しつつ、情報収集を行っておくことが求められるでしょう。

基本的には年齢が若く、ガンの不安が少ない人にネット生保のガン保険は適した選択肢となるでしょう。あるいは他の医療保険に加入している人が念のためにガンに対する備えをする場合にも向いています。そのメリットと注意点、踏まえておきたいポイントを確認しつつ、従来の代理店型の保険商品と比較検討してみてはいかがでしょうか。

HOME |  次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/