相続対策はなぜ必要なのでしょうか。遺産相続の際に起こりがちな問題として

生命保険と相続

相続対策はなぜ必要なのでしょうか。遺産相続の際に起こりがちな問題として「遺族間での揉め事」「どんな遺産がどのくらいあるのかわからず、相続税申告の手続きが大変」「納税資金が不足してしまう」ということが考えられます。また、土地や建物が主な遺産という場合「遺族で分割して相続することができない」「納税するには、不動産を売却しなければ、現金が用意できない」ということも考えられます。

生命保険を活用すれば「生命保険金という形で、現金を準備することができる」というメリットがあります。ネット生保ならば保険料も安くて済みます。貯蓄をするという方法もあるのですが、貯蓄はある程度の時間が経たないと、大きな金額にはなりません。

しかし、生命保険に加入すれば、すぐに効果を得ることができるようになります。

相続対策というのは「現在の生活を切り詰めてまで、遺産をできるだけ残す」ということとは違います。「マイホームを建てたいけれど、相続税が払えなくなったら困るから、建てない」というように、人生の目標を曲げることではないのです。ただ、せっかく遺産を残すならば、少しでも相続税を節税できる方法で残す、ということは考える価値があります。マイホームの例で言えば「今まで住んでいた人が、相続後も住み続ける場合」「住んでいない人に相続させる場合」とでは、前者のほうが節税効果は高いといえます。

このようなコツを知って、活用していくことが大事なのです。

注意が必要なのは「素人考えで相続対策を進めて、何か間違いがあっては、いざ相続のときが来ても思うような効果が得られない」ということです。ネット生保は保険料が安くて魅力的なのですが、契約内容は契約者が自分で判断し、納得して加入しなければならないため、しっかり勉強するということが必要になるのです。相続対策にあたっては、生命保険金のことだけではなく、資産全体の状況を考える必要がありますので、注意しましょう。

HOME |  次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/