ネット生保の登場によって、生命保険に対する考え方が変わってきているという人もいる

ネット生保のシンプルさ

ネット生保の登場によって、生命保険に対する考え方が変わってきているという人もいるでしょう。それは、手厚い保障というのがどこまで本当に必要かということです。とくに毎月の支払い額が多いという人は、自分は余計なものまで支払っているのではないかと疑問を持つこともあるでしょう。もちろん、もしものときのための備えなので、何も起きていないほうが良いのだと考えることもできます。けれども、そこまで必要ではない部分もあるのではないでしょうか。

そういうときに、ネット生保では、すべての人の要望に応えられるプランではなくて、必要な部分は備えてある適度なものをベースとして、特約なども極力少なくしたシンプルな内容を提案しているのです。それによって、専門のファイナンシャルプランナーに説明を受けなくても、自分で調べることで理解できる内容になっています。とくに終身タイプではなくて、定期の掛け捨てタイプのものになっている点が大きな違いとして考えられます。

終身タイプのほうが安心だという人もいるかもしれませんが、高齢者になってしまうと毎月の支出は負担になりますし、残された家族に対しては、保障というよりも相続問題のほうが大きくなってきます。そのときに、相続対策として考えることもできますが、やり方はほかにもあるのです。ですから、定期のもので必要な期間だけかけられる方が、支払い総額も減らすことができますし、もしものときにはきちんと保障も受け取れるのです。

HOME |  次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/