ネット生保を利用するなら、生命保険は「一度契約したら終わり」ではなく

ネット生保で保険相談の流れ

ネット生保を利用するなら、生命保険は「一度契約したら終わり」ではなく、時々に応じて見直しや保険見積りを出しなおすことが大切と知っておきましょう。それを知っていれば、インターネットを通して契約できるネット生保は、私たちの強い味方になってくれます。ファイナンシャルプランナーなどの保険のプロ、お金を扱うことのプロが行う保険相談とは、どのような流れで進むのでしょうか? それを参考にすれば、ネット生保での商品選びもスムーズにすすむでしょう。

まず「現在、加入している生命保険の内容」について、チェックすることが初めの一歩です。同時に、ご自身やご家族の状況(家族構成、今後考えられるライフイベント、どんな生活を送りたいという希望があるか)などを、明確にすることも大切。

「保険と関係ないことまで、考慮に入れなければならないの?」と思われるかもしれません。しかし「マイホームの購入を考えている」「数年後には親の介護費用のことを、考慮に入れなければ」などの場合には、その時点で必要な保障について考えたり、その時点で保険料負担が抑えられる方法を考え、改めての保険見積りを出す必要があります。逆に「今は教育費や住宅ローンの負担が大きいけれど、数年後にはその負担がなくなる」といった場合には、その時点で保険見積りを改めで出す必要も出てきます。

これらのことを踏まえて「現時点で、生命保険で確保しておくべき保障はどのくらいか?」を明らかにします。生命保険以外にも、遺族年金や死亡退職金などを得られる可能性があるならば、それも考慮します。そうすることで、高すぎる保険金を設定しなくてもよくなり、保険料負担を抑えることができるからです。

必要な保障額が判明したら、いよいよ生命保険を選んでいくことになります。同じだけの保障が得られる生命保険のなかでは、ネット生保の商品が、保険料が割安になるケースが多いです。インターネットで全て契約できる仕組みにすることで、人件費などを抑えて、お得な保険料を実現しているのがネット生保なのです。ただ、相談に乗ってくれる人を見つけ、折に触れて保険の相談をしていきたいという場合には、保険代理店の利用のほうが安心かもしれません。

HOME |  次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/